円の他通貨に対する相対的価値

頑固な便秘の原因や便秘薬(下剤)に頼らず自然にスッキリ解消する方法・サプリをまとめました。赤ちゃんの便秘に悩むお母さん、妊婦さん、女性必見!

MENU
頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com TOP  >  便秘薬の使用上の注意・副作用など

便秘薬の使用上の注意・副作用など

頑固な便秘をスッキリ解消する薬剤の使用上の注意・副作用など

便秘薬は大きくは、1. 機械的下剤(浸透性下剤、浸潤性下剤、膨張性下剤) 2.刺激性下剤(大腸刺激性、小腸刺激性) 3.自律神経作用薬 4.その他(消化管内ガス駆除薬、ビタミンB剤、漢方薬、坐剤、浣腸)に分けられます。便秘薬の分類や特徴、使用上の注意や副作用についてまとめました。

記事の続きを読む

抗生物質の副作用で便秘に、解消はオリゴ糖で腸内環境を改善

抗生物質の副作用で腸内細菌のバランスが崩れ腸内環境が悪化してしまうと、下痢や便秘以外にも様々な悪影響を及ぼします。腸内環境を整えてくれる食物繊維や発酵食品、オリゴ糖などを積極的にとる様にしましょう。

記事の続きを読む

アントラキノン系下剤(便秘薬)は大腸メラノーシス引き起こす

アロエやセンナ、カスカラや大黄などの成分を含む刺激性のアントラキノン系下剤は大腸メラノーシス(大腸黒皮症)を発症させます。

記事の続きを読む

便秘薬の使い過ぎは却って便秘を悪化させる

市販の便秘薬には、アントラキノン系の刺激性の下剤が多く、常用すると大腸メラノーシスを発症します。大腸メラノーシスは、黒い色素の沈着が腸管の神経にも影響して、大腸が伸びたゴムのような状態になり、動きが弱まってしまいます。

記事の続きを読む

市販の便秘薬は整腸剤か緩下剤から始める

市販の便秘薬を飲む場合は、腸の働きを整える整腸剤か、効き目が穏やかな緩下剤を使い、最初は用量より少な目に服用します。効き目が現れないときは用量まで薬を増やすか、もう少し作用の強い薬に変えます。

記事の続きを読む

便秘薬の分類と特徴、使用上の注意・副作用など

便秘薬は大きくは、1. 機械的下剤(浸透性下剤、浸潤性下剤、膨張性下剤) 2.刺激性下剤(大腸刺激性、小腸刺激性) 3.自律神経作用薬 4.その他(消化管内ガス駆除薬、ビタミンB剤、漢方薬、坐剤、浣腸)に分けられます。基本的に「薬は毒」です。思わぬ副作用があるものです。

記事の続きを読む
食と健康のアナリスト くまけんちゃんのプロフィール

たかが便秘と侮るなかれ。頑固な便秘が原因でガンになることもあります。下剤や便秘薬に頼らないスッキリ解消法お伝えします。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com

ページトップ