円の他通貨に対する相対的価値
MENU
頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com TOP  >  軽傷の便秘は食事の改善で  >  軽症の便秘をスッキリ解消する食事・食習慣の改善の3つのポイント

軽症の便秘をスッキリ解消する食事・食習慣の改善の3つのポイント

■軽症の便秘の解消法

便秘レベルチェック(2)の表によって、あなたの慢性便秘の進行度をチェックしましょう。

benpi_check02

■1~6のうちのいずれかに当てはまる → 軽症

あなたはまだ、下剤を使うほどひどい便秘ではありませんが、このままの生活を続けていると、次第に下剤なしでは排便出来ない状態に進行する可能性があります。腸内リセットの第一段階であるコロンクレンジングは必ずしも必要ではありませんが、食事療法でかなり改善するはずです。

■食事・食習慣を改善し便秘を治す3つのポイント

便秘の原因はそのほとんどが腸内環境の悪化によるものであり、便秘を解消するには、今迄の食生活・食習慣を見直し腸内環境を整えるのが不可欠です。そこで食生活・食習慣の改善で出来る便秘解消法を紹介します。

1. 朝食は出来るだけ胃腸に負担のかからないものが良い

一般的には、3食をキチンととることを言われています。朝食抜きでは力が出ない、と仰る方も多いようです。でもこれは思い込みです。

『ナチュラル・ハイジーン』という、19世紀のアメリカの医師達が、薬を使わずに体に本来備わっている自然治癒力を最大限に生かすために考案した科学的な超健康法があります。

それによると、今迄自覚していなかったかも知れませんが、私たち人間には「二十四時間周期の体のリズム」が存在します。

私たち人間の体には「摂取と消化/吸収と利用/排泄」のサイクルがあります。

【体のサイクル】

・午前四時から正午   排泄(体内の老廃物と食物カスの排出の時間帯)
・正午から午後八時   摂取と消化(食べることと消化の時間帯)
・午後八時から午前四時 吸収と利用(体への同化の時間帯)

朝食べたものがすぐ昼からのエネルギーになる訳でもありません。

『午前四時から正午』までは排泄の時間帯となっています。

「排泄」の時間帯で行なわれることは、一日一回の排便と数回の排尿だけではありません。体のすべての細胞や組織から老廃物をとり除く作業がすべて排泄なのです。

排泄の時間帯には、大腸、膀胱ばかりか、呼吸器官、皮膚からも精力的に老廃物の排泄を行なっているのです。

sukkuri_mezame01

体に定期的に溜まっている有害な老廃物が、この時間帯に毎日効率よく排泄されていけば、体は常に清潔に保たれ、病気の元となる毒素は溜まらず、健康な体を保っていくことが出来ます。

排泄は有害な老廃物をとり除き、体を浄化するために体に備わっているメカニズムで、私たちが息をしているのと同じように、自動的に行なわれているものです。

この自然のサイクルを妨げない限り、体には老廃物が溜まっていくことはなく、肥満も病気も起こりません。

だから、朝食はとらない方が体は楽なのです。でも今までの食習慣がありますから、朝食は出来るだけ消化のために胃腸に負担がかからない果物等にしましょう。

詳しくはこちらをご覧ください。

2. 体に優しい食べ物の組合せで食べる

タンパク質の消化には酸性の消化酵素が必要で、炭水化物の消化にはアルカリ性の酵素が必要であり、私たちが慣れ親しんでいるお肉屋やお魚とご飯という組み合わせで食べると消化に非常に多くの時間とエネルギーが必要となります。

結果として消化が十分に行われず、便秘を招き有害な老廃物を大量に溜め込み、毒素が血液に載って体内を汚染していくことになります。

便秘を予防・解消する体に優しい「正しい食べ物の組み合せ」の原則はたったの二つです。

1. 凝縮食品(米、パン、肉、魚、卵、乳製品)を二つ以上一緒にとらないこと。

2. 肉や魚は、野菜と一緒にとること。ご飯やパンも、野菜と一緒に合わせて食べること。

肉や魚を食べる時には、その食事では

・炭水化物(デンプン質食品即ち米、パン、イモ、パスタなど)

を食べないようにするだけでいいのです。

肉や魚は、緑様野菜のサラダ、好きなように調理した野菜と一緒に食べて下さい。デンプン質食品を食べる時も、野菜と一緒に組み合わせます。

空腹を感じたり、好きなものを楽しまずにいる必要はありません。好きなものをみんな同時に、一緒に食べないようにすれば良いだけのことです。

この二つの食べ方の原則に従っていくと、お腹が楽になります。実際試してみると判ります。お通じもスムーズです。

詳しくはこちらご覧ください。

3. 食べ物について

(1) 肉食主体の食生活から脱皮しましょう。

戦後食の欧米化が進み、お肉やお魚が食卓に上らない日は大変少なくなったのではないでしょうか?特に肉や魚はタンパク質や脂肪が主体で食物繊維が全くないので、便の材料となる残りカスは余り出ません。お肉大好きで野菜少々というのでは、便秘になること必至です。

また獣肉のとり過ぎは、動脈硬化に伴う高血圧、脳梗塞などの脳疾患、心筋梗塞などの心臓疾患を招くリスクが高まります。

詳しくはこちらご覧ください。

(2) 便秘解消に豆類、お米、野菜や果物、海藻類を食べましょう

大豆及び大豆製品(味噌、醤油、豆腐、納豆、豆乳、ゆば、おから)など、そら豆、グリーンピース、黒豆など豆類は、良質のタンパク質が多く、カルシウムや鉄などのミネラル、ビタミン類も豊富です。大豆には大豆オリゴ糖、黒大豆には、ラフィノース、スタキオースなどのオリゴ糖が含まれ、善玉菌のビフィズス菌のエサとなり、便秘解消には打ってつけの食材です。

macrobi03

白米を毎食食べるだけでも食物繊維をとることは出来ますが、白米よりももっと便秘改善・解消の効果があるのは胚芽米や玄米です。胚芽米や玄米は白米よりもビタミン、ミネラル、食物繊維も沢山含まれ生命力もある理想的な食材です。

詳しくはこちらご覧ください。

(3) 食物繊維は便秘解消に効果的な栄養素No.1

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があります。

不溶性食物繊維は、腸の中で水分を吸収して膨らむことで腸壁を刺激し、腸の蠕動運動を高めます。

水溶性食物繊維は腸内で水分を含むとヌルヌルとしたゲル状になり、有害成分を吸着して排出します。腸内の善玉菌を増やす効果もあり、高い整腸作用があります。

詳しくはこちらご覧ください。

(4) 発酵食品の摂取を習慣にし、善玉菌が優勢な腸内環境を保ちましょう

発酵食品とは、カビや酵母、乳酸菌などの微生物の働きで食品を加工し独特の風味や旨みを引き出し、保存性を高めたものです。

発酵によって作り出された酵素などの成分に、善玉菌を増やして悪玉菌を排除し、腸内環境を整える作用があるのです。

詳しくはこちらご覧ください。

(5) 便秘解消に不可欠な植物油

油をとることで便の滑りもよくなり、脂肪酸は腸を刺激してぜん動運動を活発にさせます。特に植物性油は、便秘改善に欠かせない自律神経の調整と血行促進効果のあるビタミンEがたっぷりと含まれています。そのうえ、腸のぜん動運動をよくするビタミンB1が、体内で消費される量を節約する働きもあります。

詳しくはこちらご覧ください。

(6) ビタミンEは便秘解消に欠かせない

腸のぜん動運動を活発にして便秘を改善するには、腸の動きをコントロールしている自律神経の乱れを調整すると共に、血行をよくすることが欠かせません。そのため、自律神経を整える作用と、抹消神経広げて血行を促進する効果があるビタミンEは、便秘解消に欠かせない栄養素です。

詳しくはこちらご覧ください。

(7) 腸のぜん動運動を助けるカリウム、マグネシウム、アリシン、リンゴ酸、クエン酸

ミネラルの一種のカリウムは、ナトリウムと共に浸透圧を維持する、ナトリウムによる血圧上昇を抑制する、筋肉の働きをよくする等の働きがあり、腸のぜん動運動の活性化に欠かせません。

詳しくはhttp://www.benpi-qq.com/?p=279ご覧ください。

(8) こまめな水分補給を行ないましょう

a. 朝起きてすぐに水を飲む

便秘解消には、朝起きた後のお水1杯が効果的です。出来るだけ冷たいお水が効果的ですが、氷水にする必要があるかどうかは、個人の判断によります。

朝一杯の冷たいお水は、

・冷たい水で胃腸の動きを活発にし、ぜん動運動を促進する
・血液をサラサラにする
・新陳代謝アップ
・尿路結石の予防
・脳梗塞の予防

便秘解消のみならず、健康の為にも効果的と言われています。

water01

b. 1日に1.5~2Lの水を飲む

水分の補給でウンチが軟らかくなるので、便秘解消の為には水分の補給はとても大切です。

一度にそんなに沢山のお水を飲むことは出来ませんし、する必要もありません。

水でなくてもジュースや牛乳でもOKですし、味噌汁のお水もその内です。時間を空けて小まめに水分補給することが大切なのです。

但し、水分といってもアルコール(特にビール)やお茶などは利尿作用が強いので、水分を摂取したつもりでも結果的には水分が出て行ってしまうことも多いので注意しましょう。

■オリゴ糖やビフィズス菌・乳酸菌で便秘解消を加速!

軽傷の便秘の場合なら、食生活・食習慣を改善し続けることで便秘は徐々に解消されてくると思います。

ですが、中には、

「いきなり食生活を変えようと言われても、なかなか…」
「もっと早く便秘を解消したい」

という方が居られると思います。

そういう方は、普段の食生活に「オリゴ糖」や「ビフィズス菌・乳酸菌」をとり入れてみませんか。

ビフィズス菌・乳酸菌には腸内環境を改善する働きがあり、腸のぜん動運動を活発にし便秘解消を促進する働きがあります。

origotou_zendama01

オリゴ糖は善玉菌であるビフィズス菌・乳酸菌の栄養源であるので、オリゴ糖とビフィズス菌・乳酸菌は便秘解消に最強のコンビとなります。

●耐酸性乳酸菌で作られたヨーグルトについて、詳しくはこちら

●頑固な便秘解消に効くという評判のオリゴ糖について、口コミレビューで検証しました。詳しくはこちら

voice_02

同じカテゴリー「軽傷の便秘は食事の改善で」の一覧

軽症の便秘をスッキリ解消する食事・食習慣の改善の3つのポイント

軽症の便秘の解消は、食生活・食習慣の改善でかなり可能だと思われます。食生活・食習慣を改善し便秘を治す3つのポイントについてまとめました。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群の原因と症状、治し方について

    大腸の調子がおかしいと思って検査を行っても、炎症や潰瘍など目に見える異常がないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。下痢型、便秘型、下痢便秘交互型、ガス型があります。過敏性腸症候群の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状と治し方、オリゴ糖の効果を口コミで実証

    過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状には、お腹の張り、腹鳴、おならがよく出る、おならが漏れる等の症状があります。特にエスカレーターなど後ろに人がいると緊張する、他人の鼻を啜る音や咳払いが気になって仕方ない等精神的にも辛くなります。IBSガス型の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 辛い!お腹のガスだまりの原因と8つの解消方法

    お腹のガス溜りの原因としては、長時間、座業の仕事が多い、会社や外出先でおならを我慢することが多い、腸のぜん動運動が弱い、生活習慣の乱れ、ガスを発生させやすい食べ物、飲み物のとり過ぎ、喫煙やガムを噛む習慣、便秘などが考えられます。辛いガス溜まりを解消する8つのヒントについてまとめました。

    記事の続きを読む
  • おならが異常に臭いときの解消法、オリゴ糖の効果を口コミで検証

    おならが異常に臭くって部屋の中も臭くって、家の人が部屋に入るとき「くっさ!」と鼻をつまみながら入ってくることはありませんか。おならの異常な臭さの原因は、食べ物にあります。動物性の肉類、油ものやアルコールをよくとるようになると、おならは臭くなります。異常に臭いおならの原因、解消法、オリゴ糖による解消効果についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法について

    大腸憩室とは、腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出したもので、内視鏡でみると窪みの様になっており、肉食の過多が大きな原因と考えられています。日本では憩室症は40歳以上の人で多く見られるようになってきました。大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法についてまとめました。

    記事の続きを読む
食と健康のアナリスト くまけんちゃんのプロフィール

たかが便秘と侮るなかれ。頑固な便秘が原因でガンになることもあります。下剤や便秘薬に頼らないスッキリ解消法お伝えします。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com

ページトップ