円の他通貨に対する相対的価値

頑固な便秘の原因や便秘薬(下剤)に頼らず自然にスッキリ解消する方法・サプリをまとめました。赤ちゃんの便秘に悩むお母さん、妊婦さん、女性必見!

MENU

直腸性便秘の原因と症状、解消法について

1. 直腸性便秘の原因と症状

直腸性便秘は脳に排便のサインが送られにくいことで起こる便秘です。

何日も便意を感じない人は、直腸性便秘と考えてよいでしょう。日常的に便意を我慢するなど、脳からの排便のサインを無視してしまうことが原因です。便が直腸付近で滞留するので、便の塊が大きく水分量が少なくなり固くなるので、排便しづらい上に排便時肛門や直腸に痛みが伴うことがあります。また、我慢し過ぎて直腸ガ常に太い状態だと、通常、反射が起こるはずの便の量では排便反射が起きにくくなり、便意を感じ辛くなります。

① 便意を我慢する

高齢者や寝たきりの人のほか、痔や恥ずかしさなどにより排便を我慢する習慣がある人に多い便秘です。

脳が折角「排便せよ」という命令を出しても、朝は出勤の用意に忙しくてゆっくりトイレに座る時間がない、仕事中は忙しくて思うように席を外せない、学校で排便するのは恥ずかしい、便意を感じたけど近くにトイレがない…様々な理由で、便意を我慢してしまうことがあります。

しばらく時間が経った後で「暇が出来たから」とトイレに座っても、すでに便秘は消失。どんなにいきんでも、便は出なくなっています。

直腸まで下りてきた便は、便意を無視されて行き場を失うため、直腸で滞留します。滞留している間に便からは必要以上の水分が吸収されてしまい、頑固な硬い便になってしまうのです。便意を無視することが度重なると、排便反射が鈍ることにより直腸性便秘になり易くなります。

② 肛門付近に、痔や直腸瘤などの問題がある

痔を患っている人の中にも、直腸性便秘に悩まされている人が多く見られます。痔になると排便時に痛みが伴うため、ついつい我慢して排便回数を少なく抑えようとしてその結果、直腸性便秘になってしまうのです。

③ いきむ際に肛門を締めてしまう癖がある

普通なら、便意を催して息むと、下腹部は腹圧が上がりますが、肛門の筋肉は緩みます。しかし、自然に排便するのではなく、意識的に力を入れて便を出そうとする時に、肛門にも力が入る癖があると、息めば息むほど肛門が締り、便が出にくくなってしまいます。

④ 老化

人は年をとると、息切れしやすくなったり体が思うように動かなくなったりなど、肉体の機能が低下してきます。また、神経系統も次第に鈍化してきます。高齢者や寝たきりの生活をしている方に直腸性便秘が多いのも、便意を催す神経の働きが鈍るためです。

2. 医学博士の吉田たかよし先生による直腸性便秘解消法

ちなみに直腸性便秘について、医学博士の吉田たかよし先生は以下のように解説しています。

この動画でのポイントは、1. 食物性繊維を摂らない 2. 骨盤底筋を緩める 3. 我慢しない です。

1. 食物性繊維を摂らない

普通便秘解消というと、まず食物性繊維を摂ることを薦められます。しかし、吉田たかよし先生は、直腸性便秘はあくまでも大腸の出口部分である直腸の問題であり、結腸をいくら刺激しても何の解決もならないので食物性繊維を摂らないことを推奨しています。食物性繊維を幾ら摂っても便秘は解消されず、食物繊維をとると却って悪くなることもあるそうです。

2. 骨盤底筋を緩める

肛門の出口には骨盤底筋というものがあります。普通、排便するときは骨盤底筋は緩むのですが、奇異収縮と言って、排便ポーズをとるときに反対に締め付けてしまい直腸に便が溜まります。骨盤底筋を緩めるにはどうすればいいのでしょうか?骨盤底筋を緩めるには、排泄時に出来るだけ肛門付近に力を入れないようにすることがポイントです。

teikin
・「よくわかる最新からだの基本と仕組み」埼玉医科大学腎臓内科教授 鈴木洋通監修より

肛門への力を逃がす方法としては、

① トイレに座ったら、踵を少し上げた状態で座る。
② 前傾姿勢を取る。
③ 腹筋と背中の筋肉に意識を集中させる。

これらのことを注意して行うと、肛門付近の筋肉に力が入らず、スムーズに排泄を行うことができます。

ikimu01j

3. 我慢しない

便意を我慢しないことが大切です。朝食のあと、最初は便意が無いかも知れませんが、それでもトイレに入って便座に座るだけで奇異収縮が起こり難くなって体のリズムが戻ってくるようになります。朝は時間の余裕を持ちましょう。

3. 直腸性便秘を解消するには?

① 即効で直腸性便秘を治したい

緊急事態でどうしようもない時は浣腸を使いましょう。私は「もうこりゃカナワンなぁ」と思って、「コトブキ浣腸Ⓡ30」を使用したことがあります。10分も経たずして出たのでホットしました。

初めは浣腸薬は使いたくなかったので、非刺激性活性酸化マグネシム便秘薬「3Aマグネシア」を試してみたことがあります。

緩下剤の仲間の浸透圧性下剤の一つであり、安全性が高いが、強力な効果は期待できない、腸に水を集め便を柔らかくするタイプの便秘薬で、クセになりにくく服用量を減らせるということでしたが、緊急事態でどうにも我慢できないという時には、私の場合は合いませんでした。

●便秘薬の使用上の注意点・副作用については、こちらにまとめました。
        ↓
頑固な便秘をスッキリ解消する薬剤の使用上の注意・副作用など

② 腸内環境の改善と食生活の改善を進める

直腸性便秘の場合、便秘解消法としてよく聞く、便のかさを増やす「不溶性食物繊維」や、大腸の働きを活発にする便秘薬は、かえって直腸の負担を増やしてしまい、症状を悪化させてしまう場合があると言われています。

「不溶性食物繊維」を沢山ふくむ食物をとることは控え、腸を元気にする発酵食品(日本古来の伝統的製法で作られた味噌や醤油、納豆、漬物、天然酵母を使ったパン、チーズやヨーグルトなど)を積極的にとるようにしましょう。

●腸内環境を整える食べ物・栄養素については、こちらでまとめてみました。
        ↓
腸内環境を整える食べ物・栄養素

便の滞留によって腸内環境が悪化していると考えられるので、腸内環境の改善を促進するために、腸内の善玉菌を増やすもの(整腸剤や乳酸菌サプリ・製剤、オリゴ糖)を暫くの間とるのも良い方法だと考えます。

●整腸剤としては、ビオフェルミンやナチュラーゼS錠などがあります。近くの薬局やドラグストアですぐ手に入ります。

●乳酸菌サプリ・製剤については、こちらでまとめてみました。
       ↓
乳酸菌サプリ・製剤で便秘解消

●オリゴ糖については、カイテキオリゴ、ハグクミオリゴ、ラフィノースなどがあります。こちらでまとめてみました。

便秘解消に効果のあるオリゴ糖レビュー

私個人的には、値段のお得感から言うとニチガのフラクトオリゴ糖(ラフィノース)ですが、効き目や販売実績からいうとカイテキオリゴかな、と思っています。

カイテキオリゴについては、詳しくこちらでまとめてみました。
       ↓
北の大地の天然オリゴ糖、カイテキオリゴ

☆頑固な便秘解消に妊婦さんにも赤ちゃんにも優しいオリゴ糖
『カイテキオリゴ』(赤ちゃんページ)『カイテキオリゴ』

同じカテゴリー「便秘のタイプ別スッキリ解消法」の一覧

直腸性便秘の原因と症状、解消法について

直腸性便秘の原因と症状、解消法についてまとめました。直腸性便秘の場合、便秘解消法としてよく聞く、便のかさを増やす「不溶性食物繊維」や、大腸の働きを活発にする便秘薬は、かえって直腸の負担を増やしてしまい、症状を悪化させてしまう場合があるので注意しましょう。

記事の続きを読む

けいれん性便秘の特徴と解消法

けいれん性便秘の人は、腸に刺激を与えたり、腸の負担になるものを避ける食生活を心掛け、腸に刺激を与えない状態をキープします。また、腸がリズミカルな蠕動運動を行えるように、三度の食事を規則正しくとりましょう。

記事の続きを読む

直腸性便秘の特徴と解消法

直腸性便秘は脳に排便のサインが送られにくいことで起こる便秘であり、その解消のポイントは、1. 食物性繊維を摂らない 2. 骨盤底筋を緩める 3. 我慢しない です。

記事の続きを読む

弛緩性便秘の特徴と解消法

弛緩性便秘は、加齢や腹筋の弱さが原因で高齢者や若い女性、運動不足の人に多いと言われています。お腹が張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどの症状も起こります。食事を改善する他、運動を習慣にして結腸の動きを活発に!

記事の続きを読む

便秘スッキリ解消の早道はあなたの便秘のタイプを知ることから

便秘を解消する為には、便秘のタイプを知ることが重要です。便秘はタイプによって解消法に違いがあり、タイプの違いを知ることがスムーズな排便、便秘解消の近道なのです。便秘は一般的に「慢性便秘」と「急性便秘」に分けられます。慢性便秘には「弛緩性便秘」「直腸性便秘」「けいれん性便秘」「症候性便秘」があり、急性便秘には「一過性単純性便秘」と「症候性便秘」が多く見られます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群の原因と症状、治し方について

    大腸の調子がおかしいと思って検査を行っても、炎症や潰瘍など目に見える異常がないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。下痢型、便秘型、下痢便秘交互型、ガス型があります。過敏性腸症候群の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状と治し方、オリゴ糖の効果を口コミで実証

    過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状には、お腹の張り、腹鳴、おならがよく出る、おならが漏れる等の症状があります。特にエスカレーターなど後ろに人がいると緊張する、他人の鼻を啜る音や咳払いが気になって仕方ない等精神的にも辛くなります。IBSガス型の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 辛い!お腹のガスだまりの原因と8つの解消方法

    お腹のガス溜りの原因としては、長時間、座業の仕事が多い、会社や外出先でおならを我慢することが多い、腸のぜん動運動が弱い、生活習慣の乱れ、ガスを発生させやすい食べ物、飲み物のとり過ぎ、喫煙やガムを噛む習慣、便秘などが考えられます。辛いガス溜まりを解消する8つのヒントについてまとめました。

    記事の続きを読む
  • おならが異常に臭いときの解消法、オリゴ糖の効果を口コミで検証

    おならが異常に臭くって部屋の中も臭くって、家の人が部屋に入るとき「くっさ!」と鼻をつまみながら入ってくることはありませんか。おならの異常な臭さの原因は、食べ物にあります。動物性の肉類、油ものやアルコールをよくとるようになると、おならは臭くなります。異常に臭いおならの原因、解消法、オリゴ糖による解消効果についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法について

    大腸憩室とは、腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出したもので、内視鏡でみると窪みの様になっており、肉食の過多が大きな原因と考えられています。日本では憩室症は40歳以上の人で多く見られるようになってきました。大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法についてまとめました。

    記事の続きを読む
食と健康のアナリスト くまけんちゃんのプロフィール

たかが便秘と侮るなかれ。頑固な便秘が原因でガンになることもあります。下剤や便秘薬に頼らないスッキリ解消法お伝えします。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2017 頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com

ページトップ