円の他通貨に対する相対的価値

頑固な便秘の原因や便秘薬(下剤)に頼らず自然にスッキリ解消する方法・サプリをまとめました。赤ちゃんの便秘に悩むお母さん、妊婦さん、女性必見!

MENU
頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com TOP  >  便秘薬の使用上の注意・副作用など  >  体に優しい便秘解消はオリゴ糖、アントラキノン系下剤(便秘薬)の弊害

体に優しい便秘解消はオリゴ糖、アントラキノン系下剤(便秘薬)の弊害

アントラキノン系下剤(便秘薬)には、アジャストA、ヨーデル、アローゼン、プルゼニド、センノサイド、セチロなどがあり、漢方薬では大黄甘草湯、麻子仁丸など多数あります。

これらアントラキノン系下剤(便秘薬)を、毎日4ヶ月摂取或いは断続的であっても9か月から1年摂取すれば、大腸メラノーシスが生じることが分かっています。大腸メラノーシスは大腸の動きを弱め、子宮の収縮を誘発することがあり、大腸メラノーシスに合併した大腸ガンの報告が数えられないほどあります。

そのためアントラキノン系下剤(便秘薬)は長期に使用すべきでなく、やむを得ない時に1週間以内の使用にとどめ、塩類下剤(浸透圧の高い成分を大腸に届け、腸内の水分を増やす便秘薬でマグネシウム系の便秘薬がある)に切り替えることが望ましいと言われています。

薬は基本的に毒です。薬には大なり小なり副作用があります。日頃、身体が摂取しないものを、病気のときだけ摂取するのは、本当は健康にとって良くないことなのです。そこで、身体に優しいナチュラルなサプリメントで便秘解消を図ってはいかがでしょうか。

【目次】
■大腸メラノーシスとは?
■大腸メラノーシスを発症させるのはアントラキノン系下剤
■大腸メラノーシスに合併した大腸ガンは数えきれない
■身体に優しいサプリメントで解消する

■大腸メラノーシスとは?

下剤に含まれるある種の成分は、腸の壁に沈着して、腸の壁を黒く汚します。大腸内視鏡を使って、便秘の患者さんの腸を見ると、腸の粘膜が褐色だったり、ひどくなると真っ黒になったりしている人がとても多いのです。

これは大腸メラノーシス(大腸黒皮症)という病気です。

mela01
写真左:大腸メラノーシスで黒いヒョウ柄が確認できる。
写真右:健全な大腸の色調である
・http://www.darm.co.jp/health/melanosis.php より

■大腸メラノーシスを発症させるのはアントラキノン系下剤

下剤には腸の粘膜刺激して腸運動を高める「刺激性下剤」と、便を柔らかくしてかさを増やし、排便反射を促す「機械性下剤」とがありますが、大腸メラノーシスの副作用を起こすのは刺激性下剤で、このうちの大腸を刺激して便を出すタイプの下剤です。

アロエやセンナ(茎を下剤として用いるマメ科の植物)、カスカラ(コーヒーの実の果肉部分を乾燥させたもの)、大黄(ダイオウ属の根茎を乾燥させたもので下剤となる)などの生薬が入った下剤です。医療薬品ではアジャストA、ヨーデル、アローゼン、プルゼニド、センノサイド、セチロなどがあり、漢方薬では大黄甘草湯、麻子仁丸の他に多く含まれています。

これらの下剤はアントラキノン系下剤とも言われ、大腸メラノーシス引き起こす原因となります。大腸メラノーシスは、アントラキノン系を毎日4ヶ月摂取すれば生じ、断続的であっても9か月から1年摂取すれば生じることが分かっています。

mela02
・記述引用先  宇野コラム 便秘バイブル:第五章:大腸メラノーシスより(一部改変)
・http://www.darm.co.jp/health/melanosis.php より

■大腸メラノーシスに合併した大腸ガンは数えきれない

こうした下剤が体の中に入ると、下剤の代謝の過程から、腸の壁にメラニンのような色素沈着が起こってくるのです。大腸メラノーシスは、自覚症状こそありませんが、黒い色素の沈着が腸管の神経にも影響して、大腸がまるで伸びたゴムのような状態になり、動きが弱まってしまいます。その結果、ただでさえ弱くなっている大腸の動きをますます弱めてしまうのです。

また、アントラキノン系下剤は子宮の収縮を誘発することがあるので、妊娠中の人は流産や早産の危険性があります。薬の成分が母乳に混ざる可能性も高いため、授乳中の使用も厳禁です。

大腸メラノーシスと大腸ガンとの関係は未だに不明ですが、大腸メラノーシスに合併した大腸ガンの報告が数えられないほどあります。

そのため、大腸刺激性下剤(アントラキニン系)は長期に使用すべきでなく、やむを得ない時に1週間以内の使用にとどめ、塩類下剤(浸透圧の高い成分を大腸に届け、腸内の水分を増やす便秘薬でマグネシウム系の便秘薬がある)に切り替えることが望ましいと言われています。

【出典】「腸内リセット」で便秘は必ず治る 松生クリニック院長 松生 恒夫著

【注】マグネシウム系の便秘薬は、腎臓に疾患を抱えている人はマグネシウムが溜まりやすいため、高マグネシウム血症を引き起こす危険性があります。また、心臓病の人も心不全などのリスクがあります。

■身体に優しいサプリメントで解消する

薬は基本的に毒です。アメリカの医科大学では、まず最初に『薬は毒である』と学生に教えるそうです。薬には大なり小なり副作用があります。日頃、身体が摂取しないものを、病気のときだけ摂取するのは、本当は健康にとって良くないことなのです。

そこで、身体に優しいナチュラルなサプリメントで便秘解消を図ってはいかがでしょうか。薬ではありませんから、生活習慣を主とする腸内環境の違いにより、効果には個人差があります。

便秘解消に効果のあるサプリメントの一つがオリゴ糖です。オリゴ糖による便秘解消の効果の検証も含め下記の視点でまとめました。

1. オリゴ糖が善玉菌を活性化し便秘解消するメカニズム
2. カイテキオリゴとはぐくみオリゴ徹底比較結果の集約
3. オリゴ糖による頑固な便秘スッキリ解消効果を口コミで検証
4. カイテキオリゴの楽天での評価は?
5. 何故、カイテキオリゴなの?その特徴、メリットは

★詳しくはこちら

同じカテゴリー「便秘薬の使用上の注意・副作用など」の一覧

体に優しい便秘解消はオリゴ糖、アントラキノン系下剤(便秘薬)の弊害

アントラキノン系下剤(便秘薬)を、毎日4ヶ月摂取或いは断続的であっても9か月から1年摂取すれば、大腸メラノーシスが生じる。大腸メラノーシスは大腸の動きを弱め、子宮の収縮を誘発することがあり、大腸メラノーシスに合併した大腸ガンの報告が数えられないほどあり、便秘解消は体に優しいオリゴ糖のサプリなどがベター。

記事の続きを読む

頑固な便秘をスッキリ解消する薬剤の使用上の注意・副作用など

便秘薬は大きくは、1. 機械的下剤(浸透性下剤、浸潤性下剤、膨張性下剤) 2.刺激性下剤(大腸刺激性、小腸刺激性) 3.自律神経作用薬 4.その他(消化管内ガス駆除薬、ビタミンB剤、漢方薬、坐剤、浣腸)に分けられます。便秘薬の分類や特徴、使用上の注意や副作用についてまとめました。

記事の続きを読む

抗生物質の副作用で便秘に、解消はオリゴ糖で腸内環境を改善

抗生物質の副作用で腸内細菌のバランスが崩れ腸内環境が悪化してしまうと、下痢や便秘以外にも様々な悪影響を及ぼします。腸内環境を整えてくれる食物繊維や発酵食品、オリゴ糖などを積極的にとる様にしましょう。

記事の続きを読む

アントラキノン系下剤(便秘薬)は大腸メラノーシス引き起こす

アロエやセンナ、カスカラや大黄などの成分を含む刺激性のアントラキノン系下剤は大腸メラノーシス(大腸黒皮症)を発症させます。

記事の続きを読む

便秘薬の使い過ぎは却って便秘を悪化させる

市販の便秘薬には、アントラキノン系の刺激性の下剤が多く、常用すると大腸メラノーシスを発症します。大腸メラノーシスは、黒い色素の沈着が腸管の神経にも影響して、大腸が伸びたゴムのような状態になり、動きが弱まってしまいます。

記事の続きを読む

人気記事ランキング

  • 下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群の原因と症状、治し方について

    大腸の調子がおかしいと思って検査を行っても、炎症や潰瘍など目に見える異常がないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。下痢型、便秘型、下痢便秘交互型、ガス型があります。過敏性腸症候群の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状と治し方、オリゴ糖の効果を口コミで実証

    過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状には、お腹の張り、腹鳴、おならがよく出る、おならが漏れる等の症状があります。特にエスカレーターなど後ろに人がいると緊張する、他人の鼻を啜る音や咳払いが気になって仕方ない等精神的にも辛くなります。IBSガス型の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 辛い!お腹のガスだまりの原因と8つの解消方法

    お腹のガス溜りの原因としては、長時間、座業の仕事が多い、会社や外出先でおならを我慢することが多い、腸のぜん動運動が弱い、生活習慣の乱れ、ガスを発生させやすい食べ物、飲み物のとり過ぎ、喫煙やガムを噛む習慣、便秘などが考えられます。辛いガス溜まりを解消する8つのヒントについてまとめました。

    記事の続きを読む
  • おならが異常に臭いときの解消法、オリゴ糖の効果を口コミで検証

    おならが異常に臭くって部屋の中も臭くって、家の人が部屋に入るとき「くっさ!」と鼻をつまみながら入ってくることはありませんか。おならの異常な臭さの原因は、食べ物にあります。動物性の肉類、油ものやアルコールをよくとるようになると、おならは臭くなります。異常に臭いおならの原因、解消法、オリゴ糖による解消効果についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法について

    大腸憩室とは、腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出したもので、内視鏡でみると窪みの様になっており、肉食の過多が大きな原因と考えられています。日本では憩室症は40歳以上の人で多く見られるようになってきました。大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法についてまとめました。

    記事の続きを読む
食と健康のアナリスト くまけんちゃんのプロフィール

たかが便秘と侮るなかれ。頑固な便秘が原因でガンになることもあります。下剤や便秘薬に頼らないスッキリ解消法お伝えします。

プロフィールの続きを読む

Copyright© 2018 頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com

ページトップ