円の他通貨に対する相対的価値

頑固な便秘の原因や便秘薬(下剤)に頼らず自然にスッキリ解消する方法・サプリをまとめました。赤ちゃんの便秘に悩むお母さん、妊婦さん、女性必見!

MENU

食と健康のアナリスト くまけんちゃんについて

プロフィール画像

初めまして、こんにちは。

『食と健康のアナリスト くまけんちゃん』と申します。

便秘は女性の方の専売特許かと思ってたんですけど、そうでもないんです。男性の私でも頑固な便秘ではありませんが、便秘気味になることはあります。それは夕食がお肉ばかしを沢山とって野菜は少なかった翌日とか、緊張でストレスがかかりっ放しの時です。

女性が便秘になり易いのには四つの原因があると考えられています。

一つ目は、排卵後から月経前までは、その時期多く分泌される黄体ホルモンの影響です。腸の蠕動運動が弱くなり、その時期はどうしても便秘になりやすくなってしまうのです。

二つ目は、一般的に女性のほうが筋力が弱いため、胃下垂や内臓下垂が起こりやすいと言われています。下垂した臓器に腸が圧迫されると便秘になりやすいですし、筋力が弱いこと自体が腸の運動が鈍くなる原因になると考えられます。

三つ目は、女性は子供を宿すという大切な役割りがあり、男性よりも骨盤が広くなってます。腸が骨盤内に落ち込んでいるため弛み易く、便が大腸に滞留する時間が長くなります。この間に便が硬くなり、便秘になりやすい傾向があると考えられます。

四つ目は、冷えです。女性は熱を作る筋肉が少ないことに加え、寒い季節でも手足や首回りを露出する薄着のファッションで過ごす、ガードルなどで体を締め付けて血行を悪くする、無理なダイエットで自律神経やホルモンのバランスを崩すなど、冷え性の条件が揃いやすくなっています。体が冷えると内臓も冷えます。すると胃腸の動きも悪くなり、便が腸内に滞って便秘になります。

便秘になるのは、食生活の偏りによるものも多いと考えられています。お肉やお魚が食卓に載らない日は殆どないと思いますが、お肉やお魚(特にお肉)が過多になると食物繊維過少の為便秘になり易くなります。私たちの食生活一見豊かになったのですが、その豊かさが、油断していると腸内環境の悪化に拍車をかけ、便秘に悩まされることとなります。

「腸美人」という言葉をご存知ですか?腸のきれいな方は健康的で美しいのです。腸の役割は、栄養素の吸収ばかりではありません。腸は免疫機能でも重要な役割を担ってます。免疫細胞全体のなんと約6割が腸内に待機し、侵入してくる敵と戦ってくれます。だから、腸の免疫細胞を活性化することが、免疫力を高める重要なポイントとなるのです。

また、細胞の元となる赤血球が腸内で作られると言われています。千島学説と言われるものですが、現代西洋医学でガチガチの方は認めようとしませんが、食養生の大家には支持する方が多いようです。日本よりも外国で認められている学説です。

たかが便秘と侮れないのです。腸の便秘は万病の元であり、便秘が原因でガンができることもあるのです。食物繊維や水分の摂取が少なく便秘を起こしている人は、便の中の不消化物が腐敗・発酵し、毒素を発生させます。この毒素が腸壁の細胞内の遺伝子に変化を起こさせポリープを作り、次第にガン化していくことは従来からよく知られています。

しかし、停滞便が生み出した毒素が全身の細胞にも悪影響を与えていることをご存知ですか?便秘をすると吹き出物など肌荒れがひどくなりますよね。これは腸内で発生した毒素が腸壁から吸収され、その毒素の溶け込んだ血液が皮膚へと送られた結果です。

顔にニキビが一つ出来たということは、同じようなことが、目に見えない体の到るところで起きていると考えなければなりません。そして、全身に運ばれた毒素が細胞内の遺伝子を傷つけた場合、最悪のケースでは様々なガンの原因にもなり得るのです。

kumano_x2

私のベースは、マクロビオティックです。

マクロビオティックは、「自然体」で生きる力を取り戻すための食事法であり、玄米菜食を中心とし自然のエネルギーを体と心にとり入れます。日本生まれの欧米育ちの食養生法であり、今日では、アメリカや日本をはじめ、ヨーロッパやアジア各国で400万もの人たちがマクロビオティックを実践していると言われています。7年ほど前にクシマクロビのスタンダードコースを1年ちょっとかけて、北陸の福井から大阪まで習いに行き終了しました。

食生活の心身の健康に対する影響は予想を遥かに超えるものがあります。

それは、私たちが日頃食べている食べ物、飲み物から血液が創られ、赤血球が創られ、遺伝子が創られ、60兆個もの細胞が創られていくからです。食生活を人間本来に適したものに昇華できれば、ガンなどの難病や生活習慣病とは無縁なものになり、お金をかけずにアンチエイジングも自然と出来ます。

ところが、「三つ子の魂百までも」で、小さい頃から慣れ親しんだ食生活をガラリと変えることは大変なんですよねぇ…。21日間連続で、全く新しい味覚を続けることが出来れば、味覚はリセット出来ると言われていますが。

かく言う私もマクロビオティックが身についている訳ではありません。外に出ているとやはりストレスはかかります、残念ながら一人暮らしだし…。お酒も多少(?)たしなみます(週2~3回くらい)。お米はだけは凝ってます。無農薬の玄米に黒米や黒豆、小豆、雑穀などを混ぜ、発芽炊飯して食べています。野菜・穀物は多くとることを心掛けていますが(生で食べれるものは出来るだけ生で)、緩いマクロビと言った処でしょうか。

ところで、「薬は毒」ということお聞きになったことございますか?薬は本質的に毒なんです。私たち日本人は大の薬好きのようです。ちょっと風邪気味だ、やれ頭痛がする、胃が痛いなどというとすぐ家庭の常備薬を飲んで不快感をしのぐというのが普通です。

アメリカの医科大では「薬は毒である」とまず教えるそうです。

薬は表面に見える症状をなくしたり軽減したりするのに役立つことはありますが、症状が消えたからといって健康とは言えないのです。いくら薬で症状を消しても、病気の根本の原因となった食生活をはじめとする生活習慣が変わらなければ、病気の根本原因は取り除かれることはありません。薬をいう体にとっては異物の侵入がもたらす弊害は、体の組織を徐々に傷つけていくことを促進させるばかりなのです。

私の自慢は、煙草を吸わないこと、薬を飲まないことの二つです。薬はここ5,6年飲んだことがありませんし、振り返ってみると風邪を引いたこともありません。

食生活と健康の関係については人一倍興味があり、書物は結構読み漁りました。

・マクロビ関係(主としてクシマクロビ)
・自然療法の大家の東城百合子先生の自然療法関係
・松田麻美子先生のナチュラルハイジーン(19世紀のアメリカの医師達が、薬を使わずに体に本来備わっている自然治癒力を最大限に生かすために考案した科学的な超健康法)
・鶴見隆史先生の新・食物養生法(薬を使わず難病を治す大先生)
・新谷弘実先生の病気にならない生き方(胃腸内視鏡世界的第一人者で35万例以上の胃腸内を診てきて40年間死亡診断書を書いていない大先生)

など。

とり入れられるものはとり入れ、現在、身長172cm、体重63㎏、BMI21.3で、もうすぐ64歳になりますが、廻りからは50代前半位に見られます。

1. 腸健康の大切さを知って欲しい
2. 薬に頼らない便秘解消法で心身共にスッキリ爽快になって欲しい
3. 食の思いのほかの大切さをお知らせしたい
4. 世間の為に何か少しはお役に立ちたい(世間あっての自分ですから)

と願っています。

薬は毒なんです。下剤や便秘薬を常用されている方は薄々感じられているんじゃないかと思います。これまで吸収した食と健康にかかわる知識と私の実体験をベースに、腸健康の大切さや意外と知られていない便秘の怖さ、薬に頼らず頑固な便秘をスッキリ解消する方法をお伝えします。

人気記事ランキング

  • 下痢と便秘を繰り返す過敏性腸症候群の原因と症状、治し方について

    大腸の調子がおかしいと思って検査を行っても、炎症や潰瘍など目に見える異常がないにもかかわらず、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。下痢型、便秘型、下痢便秘交互型、ガス型があります。過敏性腸症候群の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状と治し方、オリゴ糖の効果を口コミで実証

    過敏性腸症候群(IBS)ガス型の症状には、お腹の張り、腹鳴、おならがよく出る、おならが漏れる等の症状があります。特にエスカレーターなど後ろに人がいると緊張する、他人の鼻を啜る音や咳払いが気になって仕方ない等精神的にも辛くなります。IBSガス型の症状、原因、治し方についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 辛い!お腹のガスだまりの原因と8つの解消方法

    お腹のガス溜りの原因としては、長時間、座業の仕事が多い、会社や外出先でおならを我慢することが多い、腸のぜん動運動が弱い、生活習慣の乱れ、ガスを発生させやすい食べ物、飲み物のとり過ぎ、喫煙やガムを噛む習慣、便秘などが考えられます。辛いガス溜まりを解消する8つのヒントについてまとめました。

    記事の続きを読む
  • おならが異常に臭いときの解消法、オリゴ糖の効果を口コミで検証

    おならが異常に臭くって部屋の中も臭くって、家の人が部屋に入るとき「くっさ!」と鼻をつまみながら入ってくることはありませんか。おならの異常な臭さの原因は、食べ物にあります。動物性の肉類、油ものやアルコールをよくとるようになると、おならは臭くなります。異常に臭いおならの原因、解消法、オリゴ糖による解消効果についてまとめました。

    記事の続きを読む
  • 大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法について

    大腸憩室とは、腸管の内壁の一部が外側に向かって袋状に飛び出したもので、内視鏡でみると窪みの様になっており、肉食の過多が大きな原因と考えられています。日本では憩室症は40歳以上の人で多く見られるようになってきました。大腸憩室炎の原因と症状、治療と予防法についてまとめました。

    記事の続きを読む

Copyright© 2017 頑固な便秘を便秘薬(下剤)に頼らずスッキリ解消.com

ページトップ